セキュリティ基礎知識、ソーシャルエンジニアリングについて

マルウェアとは、悪意あるソフトやプログラムの総称です。セキュリティの基礎知識としていつくかご紹介しましょう。

セキュリティ基礎知識、マルウェアについて

マルウェアとは、不正な意図を持った製作者によって、有害な動作を行うように作成された悪意あるソフトやプログラムコードに対する総称です。マルウェアには様々な種類のもがあり、日々、新しいものが作られています。そんな中で代表的なものについていくつかご紹介したいと思います。まず一番有名でその種類も数も多いのがウィルスです。別のプログラムに寄生することによって、プログラムの正常な動作を妨げたり、ユーザーの意図に反して、情報漏洩やデータ消去などの悪意ある動作を行うもので、自分自身を拡散する機能を持ったものを言います。またワームと呼ばれるタイプのものは、それ自身が独立のファイルであり、他のプログラムの処理を妨げたり、悪意のある動作を行うもので、これもウィルスと同じく感染や自己拡散機能を持って居ます。

トロイの木馬と呼ばれるタイプのものは、ユーザーの知らないところで、パソコン内に潜み、特定の日付の到来や特定の操作といったトリガーによって、同じく悪意ある処理を行うものです。スパイウェアと呼ばれるタイプのものは、感染したパソコンの中で勝手に情報を収集し、パソコン内部にある情報を勝手に外部に送信するものです。その他にもキーロガーやバックドアと言ったマルウェアが存在しています。

これらのマルウェアによる被害を防ぐためにも、ウィルス対策ソフトやファイヤーウォールの導入は最低限のセキュリティ対策として必ず行うようにしましょう。

セキュリティやシステム・セキュリティについて、多々あるサイトから抜粋

Copyright (C)2017セキュリティ基礎知識、ソーシャルエンジニアリングについて.All rights reserved.