セキュリティ基礎知識、ソーシャルエンジニアリングについて

様々な脅威から対象物の安全を守るセキュリティは、防犯、防災、防御、防衛、警護、警備などがあります。

セキュリティに関する記事

セキュリティとは、様々な脅威から対象物の安全を守ることです。建物を守るホームセキュリティ(防犯、防災)、インターネット上のコンピューターセキュア(防御)、人々を守るSP(防衛)などが代表と言えます。建物の防犯は、個人宅はもちろん、ビルや店舗、空港などの施設、会社や工場、病院、金融機関などの警備、警報業務が主で民間会社が行っています。

コンピューターセキュアは、第3者によるインターネットを介した不正アクセス(ハッキング)による盗聴やコンピュータウイルスからPCや携帯情報端末の破壊や個人情報を守ることです。対策法は、脆弱性解消のためのソフトウェア(オペレーショングシステム/OS)の定期的な更新、ウイルス対策ソフトの導入、パスワードの定期的な変更などです。怪しいサイトの閲覧を避けることも重要です。

SPはSecurityPolice(セキュリティポリス)のことで、要人警護に専従する警察官のことです。米国のシークレットサービスを基に創設されました。要人が自宅や宿泊先、出先などから外に出た場合の身辺警護を専門に行います。自宅を警備するのはSPではなく、公安の警察官や機動隊が担当しています。2種類の任務部隊(先着警護部隊と近接保護部隊)から構成されています。

セキュリティやシステム・セキュリティについて、多々あるサイトから抜粋

Copyright (C)2017セキュリティ基礎知識、ソーシャルエンジニアリングについて.All rights reserved.